2022年 材料高騰について

2022年6月時点で史上最高値更新中

上記のグラフは鉄鋼材料の相場推移です
1974年、、、オイルショックから始まっています。

鉄・銅・アルミ・ニッケル
すべての材料が史上最高値を更新中です。

コロナと戦争の影響です。

パンデミックと戦争なんて人類初めての経験ではないでしょうか。

グラフにも出ていますがリーマンショックやバブルなんて非じゃありません。
コロナで徐々に上がってきて、お客様に大変心苦しいのですが単価の修正をお願いした矢先に、国は最低賃金を上げる。
それに加えて戦争、、、鉄鋼材料の供給不足の懸念から更に上昇するでしょう。
実際、10月に更に値上がりは確定です。
すべてタイミングが悪すぎます。

材料を大切に使い切る事がマスト条件ですが、当たり前のことを当たり前に行うだけでは企業価値なんて上がりません。

ニッケルが落ち着いてきたかに見えましたが304系は上昇が止まらない。
アルミはとうとう1g1円を超えるかもしれません。
1円玉が原価割れです。

どう乗り越えていくか。
出来る事を出来るだけ の精神に繋がっていきます。