精密板金加工の勘どころ

精密板金加工とは

板金加工とは1枚の金属の平板から切断・穴あけ・曲げ・溶接・絞り等を行う加工を指します。
精密が付くと大げさに感じるかもしれませんが切削加工と同等の寸法公差を出した加工となり
今まで材料費用の大きな案件を板金加工にて置き換える案件が増えたため、急激に成長した
加工分野となります。

また、昨今では弊社のようにワイヤー放電加工と組み合わせてさらに寸法精度を重視した
ものづくりに取り組んできた結果、小さく薄い製品も金型を製作しなくても加工でき、
初期費用の負担が少なくなってきております。

薄板精密板金加工の方法などで加工内容などをご説明させて戴ておりますがこのページでは
そんな精密板金加工の勘どころを紹介します。

品質向上のポイント

動力プレスの定期自主検査について

測定器の校正について

書面の管理について

コストダウンのポイント

加工前

見積り時のコストダウン

設計時のコストダウン

加工個数の見直し

取り扱い加工種

材料・素材

材料の見直し・再確認

板厚の流通性について

複数部品の組み合わせ時の板厚について

アングル鋼やCチャンネル、角パイプについて

見積り後

工程自体の見直し(切削から板金へ)

ブランキング

保有金型とレーザー加工について

切削加工とタレパン加工

ワイヤー放電加工

プレス金型を利用したプレス加工

溶接

本当に溶接する必要ありますか?

Tig溶接とスポット溶接の使い分け

子部品のスポット溶接やTig溶接の位置決め方法

スポット溶接の加工ピッチについて

ナット溶接と他の方法

 

納入費用削減のポイント

梱包形態について