ワイヤー放電加工機を使用した精密板金

ワイヤー放電加工機を使用した精密板金

極端に薄い板厚や、形状が複雑な加工等、ワイヤー放電加工が
必要な案件が増えてきました。
レーザーでも加工できないような複雑な形状やスリット
(0.25mm)などの加工も可能です。
薄板は当て板に重ねて加工します。

加工例

t0.01などの薄板は重ねて加工します。
加工方法を含め、ご提案させて頂きます。

真鍮の2mmです

 

ワイヤー加工

3φのセンタレス材です

 

img_1612

t0.1の銅板です

 

pcio-custom

PCのIOパネル(SUS304)です。

 

img_532

SPCC(鉄板)の0.5mm板です

 

ワイヤー加工の実績一覧はこちら