本当に溶接する必要有りますか?

溶接が必要でしょうか?
とお客様に確認すると半々くらいの確率で溶接なしの加工方法で受注となります。

他社でもできると思うのですが、ご提案を受けたことがなくて、、、と仰ります。

加工する側としても精度を出しやすくて安価なのに、、、と思います。
隙間極小の曲げ加工です。(場合によっては紙が隙間に入りません)

隙間は0.1mm程度となります。

元々これを溶接するわけです。

この後、サンダーで形を整えます。

もちろん溶接が必要な案件も多々あります。
製品のカバーとかケースとか、中に入る、人の目には触れないけどある程度の強度が
欲しい案件にマッチングすると思います。