鋼材用語集

板金加工や金属加工などで使用する鋼材の用語を集めてみました。
基本的にJIS規格からの抜粋です。

見出しでソートできます。
検索窓に文字を入力すると即時反映します。

用語※JISの用語からの引用です。読み方見出し分類種類概要備考類義語など
アルミ押出しあるみおしだし材料材料記号軟らかくなったアルミを金型に押し込み、作成する方法代表的なものでは住宅の窓に使われているアルミサッシ
酸洗さんせん材料技術「脱スケール」ともいう。熱間圧延後熱処理すると、表面にスケール(scale)という加熱による酸化被膜ができる。これを酸の液中に通して取り除くことを酸洗という。酸洗後は十分に水洗いして乾燥させ、そのまま製品となるか、次工程(冷間圧延など)に送られる。酸洗い
縞板しまいた材料材料記号「チェッカープレート」ともいう。板の片面に凸模様のすべり止めをつけた板で、縞溝のある圧延ロールで圧延する。ちなみに板厚は凸部ではなく平面部の厚みをいう。
焼鈍しょうどん材料技術「焼なまし」の項を参照のこと。
ストリップすとりっぷ材料技術広幅の帯鋼のことで巾500ミリ超えのものをストリップという。巾500ミリ以下はフープという。
フープふーぷ材料材料記号コイル材
2Bつーびー2材料材料記号ステンレスの表面の仕上げ2D仕上げよりなめらかで、やや光沢のある仕上げNo.2D仕上げ材に適当な光沢をあたえる程度の軽い冷間圧延をしたもの
2Dつーでぃー2材料材料記号ステンレスの表面の仕上げ鈍い灰色のつや消し仕上げ(ダル仕上げ)冷間圧延後、熱処理、酸洗したものまた、これをつや消しロールで軽く冷間圧延したもの
3X6板さぶろくばん3材料材料記号材料の大きさサイズ915X1830の板
♯400よんひゃくばん4材料材料記号ステンレスの表面の仕上げ反射率の大きい仕上げ(研磨目あり)2B材をバフ400番による研磨400番仕上げ
4X4板よんよんばん4材料材料記号材料の大きさサイズ1219X1219の板
4X8板しはちばん4材料材料記号材料の大きさサイズ1219X2438の板
52ハイプレシジョン-H11252ハイプレシジョン-H1125材料材料記号アルミ合金(A5052P精密圧延品)ハイプレシジョン材とは、板厚精度を高め、加工歪みを軽減させた材料です。
♯600ろっぴゃくばん6材料材料記号ステンレスの表面の仕上げ反射率の大きい鏡面仕上げ(研磨目なし)2B材にグラインダーを掛け、バフ600番による研磨600番仕上げ
A1050A1050A材料材料記号耐食性、加工性、溶接性等良好である。用途:ネームプレート、化学工業用タンク、ドローフィン材、PS版純アルミニウム
A1070A1070A材料材料記号高純度になるに従い、電気熱伝導性、表面処理の仕上がり、耐食性等優れるが高価かつ汎用性に乏しくなる。用途:ネームプレート、装飾品、化学薬品容器純アルミニウム
A1100A1100A材料材料記号筋模様及び絞り加工後の耳のバラツキが少なく、深絞りに適する。陽極酸化後の外観はやや白っぽくなる。アルミの種類アルミ99%以上のアルミ材料、用途:器物、ネームプレート、ドローフィン材純アルミニウム
A1085A1085A材料材料記号A1070と同じ。純度が上がるにつれて加工性、耐食性、表面処理性が向上する。用途:高級ネームプレート、反射板、電解コンデンサー純アルミニウム
A1200A1200A材料材料記号三菱アルミニウム製 塗装焼付け工程により,強度上昇が著しい。成形性は,2036程度,スポット性にも優れる用途:自動車ボディシート純アルミニウム
A1N30A1N30A材料材料記号箔圧延にすぐれる。薄箔用材料純アルミニウム
A2011A2011A材料材料記号鉛入り快削合金。切削性が優れ、強度も高いが耐食性に劣る。各メーカーとも鉛を含まない「鉛フリー合金」を開発している。用途:ボリュームシャフト、バルブ等の機械部品AL-Cu系
A2014A2014A材料材料記号ジュラルミンとも呼ばれる熱処理型高力合金。耐食性が良くないが、高強度、溶接性は良好で、鍛造品にも適する。強度:A2024>A2014>A2017 用途:機械部品全般、航空機関系部品、構造材等AL-Cu系
A2017A2017A材料材料記号ジュラルミンとも呼ばれる熱処理型高力合金。耐食性が良くないが、高強度、溶接性は良好で、鍛造品にも適する。強度:A2024>A2014>A2017 用途:機械部品全般、航空機関系部品、構造材等AL-Cu系
A2024A2024A材料材料記号ジュラルミンとも呼ばれる熱処理型高力合金。耐食性が良くないが、高強度、溶接性は良好で、鍛造品にも適する。強度:A2024>A2014>A2017 用途:機械部品全般、航空機関系部品、構造材等AL-Cu系
A2218A2218A材料材料記号鋳造品用AL-Cu系
A2219A2219A材料材料記号板材AL-Cu系
A2618A2618A材料材料記号耐熱用アルミニウム合金用途:鍛造ピストンで使用されているアルミ合金
A2N01-T4A2N01-T4A材料材料記号耐食性は良くないが,強度と加工性に優れた熱処理型合金材料用途:自動車ボディ
A3003A3003A材料材料記号純アルミ系の加工性、耐食性を維持しつつ、強度の改善を図った合金で缶材料として多く使用される。用途、カークーラー、ラジエーター、フィン材、器物AL-Mn系
A3004A3004A材料材料記号A3003より強度が大で溶接性、絞り性が良い。用途:キャンボディー、電球口金AL-Mn系
A4032A4032A材料材料記号一般的に用いられる耐熱摩耗合金。用途:ピストンAL-SI系
A5005A5005A材料材料記号中程度の強度を持ち、加工性も優れており、5052材は汎用材として多く利用されている。。用途:車両,船舶及び建築用などの内外装AL-Mg系
A5052A5052A材料材料記号純アルミとA5083の中間の強度を必要とする一般用途、成型性、耐食性、耐海水性、疲労性が良く、用途範囲が広い。用途:車両、船舶関係(コンテナー、バントラック)、屋根板、ブラインド、建築材料、電器製品、化学装置、流し台AL-Mg系
A5056A5056A材料材料記号耐食性に優れ、切削加工による表面仕上がり、陽極酸化処理性に優れる。用途:光学機器AL-Mg系
A5083A5083A材料材料記号溶接構造用合金。強度はA5056と同程度で溶接構造に最適の非熱処理材。用途:低温の各種装置、タンク、車両、船舶、機械部品AL-Mg系
A5N01A5N01A材料材料記号強度を高めた光輝性材料用途:キャップ,美粧容器AL-Mg系
A6061A6061A材料材料記号耐食性、加工性が良く、熱処理後の耐力が高い。用途:機械部品全般、自動車用部品、自転車リム、その他用途多数AL-Mg-Si系
A6063A6063A材料材料記号代表的押出合金。押出性に優れ、複雑な断面形状が得られ、耐食性、表面処理性が良い。
用途:建材、家具、トラックアオリ、ホースジョイント、抽伸用素管、パネル用、OA機器用他
AL-Mg-Si系
A6N01A6N01A材料材料記号6061、6N01はさらに高い強度を要求される構造材等に用いられる。A6061と同等の強度を有し、寸法精度はA6063並のものが得られる。
用途:溶接構造用、鉄道車両など
AL-Mg-Si系
A7003A7003A材料材料記号アルミ合金の中で最も高い強度を有する合金種。
A7075A7075A材料材料記号超超ジュラルミンとも呼ばれるアルミニウム合金中最高の強度を有する合金。ただし、耐食性は良くない。
用途:各種機械部品
AL-Zn-Mg-Cu系
A7178A7178A材料材料記号Al-Zn-Mg系 アルミ亜鉛マグネシウム合金用途:スキー用具をはじめとするスポーツ用品
A7N01A7N01A材料材料記号溶接構造用アルミニウム合金。溶接部の強度低下が少ない。A5083以上の溶接強度を必要とする場合に使用する。
用途:一般大型建造物、車両、自動車部品、コンテナ
AL-Zn-Mg系
ANP79ANP79A材料材料記号アルミ合金炭素鋼S15Cを越える硬度を持ち、切削性は10倍以上優れます。
7075材と比べ、強度が劣らず機械的特性の均一性に優れる他、内部応力が軽減されています。
BABAB材料材料記号ステンレスの表面の仕上げ鏡面に近い光沢を持った仕上げ冷間圧延後、光輝熱処理を行い更に光沢を上げるため、軽い冷間圧延をほどこしたもの
BC6BC6B材料材料記号青銅鋳物(砲金)砲金は、耐圧性、切削性に優れます。
C1020C1020C材料材料記号無酸素銅電気/熱伝導、展延性、耐食性等優れ水素脆化の恐れもないが、サイズが少なくやや高価。
C1020PC1020PC材料材料記号無酸素銅市販される銅の中で最高純度をもちます。酸素を含まず、高温に加熱した際にもろくなる現象(水素ぜい化)を起こしません。
熱・電気の伝導性に優れ、溶接性・耐食性に優れます。
C1100C1100C材料材料記号タフピッチ銅電気/熱伝導に優れるが、脆化の恐れがある。
C1100PC1100PC材料材料記号タフピッチ銅一般に最も広く使用される銅で、電気・熱伝導性(伝導率100%前後)に優れています。
C1220C1220C材料材料記号りん脱酸銅熱/電気特性がやや劣るが脆化の恐れは少ない。
C1720C1720C材料材料記号ばね用ベリリウム銅JIS規格にはないが先端処理材(ミルハードン)もあり。めっき性、ばね性、電気/伝導性にベリリウムの方が優れるが、高価でありチタン銅も用いられる。
C2600C2600C材料材料記号黄銅1種ラジエーター、端子に多用。汎用性が低い。
C2680C2680C材料材料記号黄銅2種加工性に優れている。条製品が主体
C2801C2801C材料材料記号黄銅3種硬度が高く、定尺板が主流
C2801PC2801PC材料材料記号真鍮板(黄銅)強度が高く、展延性に優れています。
C3560C3560C材料材料記号快削黄銅歯車、機械部品に用いられる。
C360XC360XC材料材料記号快削黄銅棒/線のC360X系は要求特性により各メーカーより様々な規格で生産されている
C3713PC3713PC材料材料記号快削真鍮強度が高く、展延性に優れます。切削性に優れます。
C3713PC3713PC材料材料記号快削真鍮カドミレスRoHS対応の快削真鍮材。
鉛:1.8~4.5%(C3604同等)、カドミニウム:0.0100%(100ppm)以下もしくは0.0075%(75ppm)以下。
C3771C3771C材料材料記号鍛造用黄銅
C4621PC4621PC材料材料記号ネーバル真鍮耐食性、耐海水性に優れます。
C464XC464XC材料材料記号ネパール黄銅海水淡水化プラント、船舶、火力発電所などの
C4751C4751C材料材料記号洋白2種電話交換機クロスパー用の用途であったが、
C5191C5191C材料材料記号りん青銅2種1種は極めて特殊な用途、3種は棒/線を除き
C5210C5210C材料材料記号ばね用りん青銅やはり特殊製品である。
C5341C5341C材料材料記号快削りん青銅3種とばね用りん青銅は原料の配合は同じ。
C6191C6191C材料材料記号アルミニウム青銅
C6782C6782C材料材料記号高力黄銅
C687XC687XC材料材料記号復水器用黄銅復水器等に使用。
C7701C7701C材料材料記号ばね用洋白特殊製品に近くなってきている。サイズは限定。
G-STARG-STARG材料材料記号プリハードン鋼硬さ33~37HRCの耐食プラスチック型用鋼(マルテンサイト系ステンレス鋼)。
焼入れ・焼戻しにより高硬度化48HRC(1030℃焼入れ)が得られます。
HPM1HPM1H材料材料記号プリハードン鋼納入硬度37~41HRCの快削性高硬度精密プラスチック金型用鋼。
優れた被削性を示し、汎用型に最適です。
HPM38HPM38H材料材料記号プリハードン鋼納入硬度29~33HRCの耐食・鏡面仕上げ用精密プラスチック金型用鋼。鏡面みがき性が極めて優れ、SUS420J2以上の耐食性を有します。
また熱処理歪みが極めて小さく、精密型に最適です。焼入焼戻しにより50~55HRCが得られます。
NAK55NAK55N材料材料記号プリハードン鋼納入硬度37~43HRCのプラスチック金型用鋼材。被削性が極めて良好(S53Cとほぼ同等で、SCM440より遙かに優れる)、
また優れた鏡面みがき性により光沢が得られます。その他、シボ加工性、溶接性に優れています。
NAK80NAK80N材料材料記号プリハードン鋼納入硬度37~43HRCの高鏡面・高性能プラスチック金型用鋼。
NAK55に対し、更に鏡面みがき性、放電加工肌、靭性が優れます。
No.8なんばーえいとN材料材料記号キャプテン!ではなくステンレスの仕上げの1種最も反射率の高い鏡面仕上げ(研磨目なし)順々に細かい粒度の研磨材で研磨した後、鏡面用バフにより研磨したもの
NTK-S4NTK-S4N材料材料記号冷間加工による硬化が高く、透磁率が小さい非磁性ステンレス。
PX5PX5P材料材料記号プリハードン鋼納入硬度30~33HRCの溶接性に優れたプラスチック金型用鋼。
被切削性、鏡面仕上り性ともに、30HRCタイプの中では最良レベル。その他、シボ加工性、放電加工性に優れます。
SECCえすいーしーしーS材料材料記号ボンデ鋼板
SGCCえすじーしーしーS材料材料記号溶融亜鉛メッキ鋼板
SGHCえすじーえっちしーS材料材料記号溶融亜鉛メッキ鋼板
SPCCえすぴーしーしーS材料材料記号鉄板の種類
SPHCえすぴーえっちしーS材料材料記号鉄板の種類酸洗材
S-STARS-STARS材料材料記号プリハードン鋼納入硬度31~34HRC耐食プラスチック型用鋼(マルテンサイト系ステンレス鋼)。焼入れ・焼戻しにより53HRCが得られ、いずれも耐食性と鏡面性に優れています。その他、熱処理変寸極小(0.03%以内)、内質が均質健全、良好なシボ加工性、EDM性の特長があります。
STAVAX(H)STAVAX(H)S材料材料記号プリハードン鋼納入硬度27-35HRCのクローム合金ステンレスエ具鋼。
耐食性、鏡面みがき性、耐摩耗性、被削性に優れた材質です。
SUS301SUS301S材料材料記号冷間加工による硬化性が大きく、高強度が得られる。
SUS303SUS303S材料材料記号被削性に優れる。耐食性はやや悪い。
SUS303SUS303S材料材料記号オーステナイト系ステンレス鋼オーステナイト系に分類され、汎用的な材質です。SUS304と比べ、耐食性が劣りますが、切削性に優れます。
SUS303焼鈍材SUS303焼鈍材S材料材料記号オーステナイト系ステンレス鋼SUS303に焼鈍処理を施し、内部応力を軽減しています。焼鈍処理により、若干耐食性が劣りますのでご注意ください。
SUS304さすさんまるよんS材料材料記号ステンレスの種類一般的によく使用される材料磁性が少ない、錆びにくいが高価
SUS304SUS304S材料材料記号代表的なオーステナイト系ステンレス。家庭用品、建材、化学、原子力、低音等。
SUS304SUS304S材料材料記号オーステナイト系ステンレス鋼オーステナイト系に分類され最も汎用的な材質です。耐食性に優れており、汎用鋼種として広く用いられています。
SUS304LSUS304LS材料材料記号Lは低炭素鋼で耐粒界腐食性に優れており、溶接l構造用に用いられる。
SUS304SSUS304SS材料材料記号Sは深絞り用。
SUS304焼鈍材SUS304焼鈍材S材料材料記号オーステナイト系ステンレス鋼SUS304に焼鈍処理を施し、内部応力を軽減しています。焼鈍処理により、若干耐食性が劣りますのでご注意ください。
SUS309SSUS309SS材料材料記号耐熱性に優れ、約1000度までの使用に耐える。Sは低炭素
SUS310SSUS310SS材料材料記号309より耐熱性に優れ、特に特に浸炭窒化に強い。
SUS316SUS316S材料材料記号304より耐酸性、耐孔食性がよく高温クリープ強度も高い。
SUS316SUS316S材料材料記号オーステナイト系ステンレス鋼SUS304にモリブデンを添加したステンレス鋼です。SUS304より耐食性、耐酸性に優れます。
SUS316LSUS316LS材料材料記号Lは低炭素鋼で耐粒界腐食性を改善したもの。
SUS316LSUS316LS材料材料記号オーステナイト系ステンレス鋼オーステナイト系に分類され、SUS316の極低炭素鋼です。耐食性・溶接性が必要な用途に使われます。
SUS317J1SUS317J1S材料材料記号有機酸に強く、また塩化物環境での耐食性が優れている。
SUS430さすよんさんまるS材料材料記号ステンレスの種類304と同様によく使用される材料磁性があり、SUS304よりは錆びやすいが安価
SUS430SUS430S材料材料記号フェライト系ステンレスの代表鋼種。
SUS430SUS430S材料材料記号フェライト系ステンレス鋼耐食性に優れたステンレス鋼です。加工時の反り対策にお奨めです。焼入れ硬化性はありません。磁性を有します。
SUS440CSUS440CS材料材料記号マルテンサイト系ステンレス鋼熱処理により高強度・高硬度が得られるステンレス鋼です。
耐摩耗性が大きく、ステンレス鋼の中では最高硬度を有します。磁性を有します。
SUS444SUS444S材料材料記号極低炭素18Cr-2Mo鋼。304より耐食性に優れ、応力腐食割れに強い。
SUS631SUS631S材料材料記号17-7pH鋼と呼ばれる]析出硬化型fr、ばね性が良い。
TP340HTP340HT材料材料記号純チタン2種純チタン2種に分類され、加工性と強度のバランスが良く、最も多く使われている汎用チタン材料です。
軽量(比重4.51)で耐食性に非常に優れています。
Z3234Z3234Z材料材料記号クローム銅抵抗溶接用電極材。機械的強度に優れ、高温時の対磨耗性に優れます。
大板おおいた材料材料記号材料の大きさサイズ1250X2500の板
片研かたけん材料技術金属板の表面の仕上げ片面を研磨したもの
小板こいた材料記号材料の大きさサイズ400X1000,180X1200の板
テルル銅てるるどう材料材料記号銅にテルルを加えたもので切削性に優れます。
HLへあらいん材料材料記号金属板の表面の仕上げヘア(髪)のような細さのラインを入れる
ベリリウム25合金べりりうむ25ごうきん材料材料記号銅合金中、最高強度と硬度を持ちます。
ベリリウム50合金べりりうむ50ごうきん材料材料記号硬度が高く、導電性・耐熱性に優れます。
ボンデ鋼板ぼんでこうはん材料材料記号材料の種類鉄板の種類電機亜鉛メッキ鋼板SECCの呼び名
メーター板めーたーばん材料材料記号材料の大きさサイズ1000X2000の板
両研りょうけん材料材料記号金属板の表面の仕上げ両面を研磨したもの
りん青銅りんせいどう材料材料記号展延性、耐疲労性、耐食性に優れ、磁性がありません。