2019年品質月間

毎年の事ですが若井製作所では11月に行う、品質月間があります。
全従業員で品質向上を目的とした1年に1度のキャンペーンです。

測定器の校正
社員一人一人スキルマップによる自己採点
機械確認
工程内確認
社外品質調査
を行います。

2019年度の品質月間では お客様満足度の向上 を掲げました。
在り来りの内容とは思いますが、はき違えたり、誤った方向へ流れがちなので原点に返って目標にしようと思います。

昨年は 工程内不良率1% を議題として掲げていましたが1年(2年間)1%と言う数値がどのようなものなのか?を
検証しました。
そこで一番みんなが気になった事、気付いたことが はたして1%の不良率を達成したところでお客様はすべての面において
満足しているか?というところに帰りました。

そこで今年の目標は お客様満足度の向上 となりました。
お客様が求めている内容により異なりますが再確認を1年かけて検証します。

毎年ながら測定器の社内校正もこの時期に合わせて行います。
今年はタップゲージの時期となり主要のタップゲージは新品交換となりました。
ノギスは1年の有効期限を取り決めており、日常点検は毎日行いスマホなどの端末からシステムへの点検記録を残し、変化のない状態を保ちます。

下記はノギスなどの校正用品 ミツトヨのセラキャリパチェッカ

こちらにも校正期間が存在します

すべてはいつも変わらぬ高品質の為。