材料の選び方

材質・材料種の選択方法

材料情報 をご覧いただければお分かりになられると思いますが
たくさんの種類の中から何を選んだら最適なのか悩むところです。
「最適」に何を求めていらっしゃるかによって比較的早く、選定できます。

A.コスト

安価) 鉄・メッキ鋼板・SUS430・アルミ・真鍮・リン青銅・SUS304 (高価
鉄は安価ですが錆びます。
SUS304は単体では錆びませんが高価です。

B.耐久性 (塗装やメッキなどの2次処理なしの場合)

高耐久) SUS304・SUS430・メッキ鋼板・アルミ・真鍮・リン青銅・鉄 (低耐久
SUS304は素材のままでも耐久性が高く、安定します。
SUS430はご家庭のシンクに使われている磁石がくっつくステンレスで
磁石がくっつくっていうことは錆びやすいってことです。
実際は単体で錆が発生することはあまりなく、もらい錆び(他の素材の錆が移ること)
が多いです。
コストが掛からず優秀な素材です。
アルミを含めて下はすべて、錆の発生を素材のままでは抑えることができません。

C.耐食性 (メッキ処理時)

メッキについては下記を御参考に

メッキ用語 塗装用語 鍍金・メッキについて | 若井製作所

塗装については比較的材料を選ばず、ご希望の塗装をする事が
可能ですがメッキについては専門の知識が必要です。
まず、どのような色合いにしたいかの観点でご説明いたします。

 

D.加工性 (金型消耗度)

当社ではアルミ・鉄に合わせた金型の設定を行っています。
タレパン加工時に硬くなればなるほどコスト増となります。
粘り気が有るものも上昇します。
これは金型の消耗が大きくその分、加工費用が上昇します。
ステンレスは粘り気があるため、アルミに比べたら約2倍のコスト増と
なります。
安価)アルミ・リン青銅・鉄・メッキ鋼板・SUS430・SUS304(高価

E.重量

材料情報 の比重表をご覧いただければわかりますが、
重くしたい! や 軽くしたい! のご希望がなければ、あまり
気にすることはありません。
重くしたい!のであれば、鉄やステンレスを。
軽くしたい!のであれば、アルミを選択してください。

簡単な材料の選定は以上です。

説明はもう少しです。
続いて 加工方法の選択 をご覧ください。